ARTIST Yoko Kanno

宮城県生まれ。作曲家・編曲家・音楽プロデューサー。これまでおおよそ1000曲以上を手がけているCM音楽、アニメ、映画、ゲーム、ドラマの音楽をはじめ、SMAPほか、さまざまなアーティストへの楽曲提供、プロデュースワークを手がけている。COWBOY BEBOPサウンドトラックで第13回日本ゴールドディスク大賞「アニメーションアルバム オブザイヤー」受賞。
2011年には「第62回紅白歌合戦」のオープニングテーマを担当。
2012年はNHKの東日本大震災復興支援ソング「花は咲く」を作曲し、「第63回紅白歌合戦」に出演。審査員も務める。
2013年、同局の連続テレビ小説「ごちそうさん」の音楽を担当。
2017年、同局大河ドラマ「おんな城主 直虎」のテーマ音楽を担当。

Yoko Kanno is a composer, arranger and producer, born in Miyagi prefecture.
She has produced over 1000 songs for advertisements, and for films, video games, drama.She has also composed for many pop artists, best known her collaboration with SMAP.The soundtrack of COWBOY BEBOP wins the 13th Japan Gold Disc Award.
In 2011, she composed the opening theme for 62nd NHK Kouhaku Uta Gassen.
In 2012, she wrote “Hana wa Saku [Flowers will bloom],”
a song for the NHK’s support project for Reconstruction of Tohoku Earthquake,
and she appeared and judged the 63rd NHK Kouhaku Uta Gassen,
In 2013, Yoko write the music for NHK drama “Gochisosan.”

ANIMATION WORKS

COWBOY BEBOP/攻殻機動隊-Stand Alone Complex-/MEMORIES/ターンAガンダム/創聖のアクエリオン/マクロスF/坂道のアポロン etc…

COWBOY BEBOP / GHOST IN THE SHELL -Stand Alone Complex- / MEMORIES / Turn A Gundam / Genesis of Aquarion / Macross Frontier / Kids on the Slope etc…

MOVIE WORKS

「海街diary」/「ペタルダンス」/「SURELY SOMEDAY」/「ハチミツとクローバー」/「下妻物語」/「水の女」/「tokyo.sora」 etc…

COWBOY BEBOP / GHOST IN THE SHELL -Stand Alone Complex- / MEMORIES / Turn A Gundam / Genesis of Aquarion / Macross Frontier / Kids on the Slope etc…